長野・上田佐久の相続・債務整理・会社設立なら司法書士上田佐久総合事務所

HOME > 遺言の基礎知識

遺言の意義と効果

遺言の意義とは

遺言は、法定相続を遺言者の意思によって変更するものであり、相続財産に関する権利関係の帰属を、 遺言者自身の最終の意思表示に委ねるものです。

このように、遺言によってその家庭の実情にあった相続財産の分配が行われることが期待されるところに、遺言制度の存在する意義があるといえます。

むしろ、相続は遺言によってされることが望ましく、法定相続は補充的なものにすぎないともいえます。



遺言の効果とは

残された家族や大切な人がご自身の遺産のために争わないように、事前に効力を持つ遺言を残しましょう。
遺言書を書くというのは、財産を持つ者の義務といってもの過言ではありません。

以下に挙げる意思をお持ちの方は遺言書を作成することをお勧めします。

・相続争いを防ぎたい方
・遺産の分割方法を決めておきたい方
・相続人以外の人にも財産を譲りたい方
・認知したい子がいる方
・遺産を与えたくない人がいる方
・妻に全財産を残したい方